別邸 仙寿庵 谷川温泉 その2

食事は、部屋食ではなく、食事処「乍(ながら)茶屋」の個室で頂きます。
e0022239_135726.jpg
野草酒 いかり草・ウイキョー・黄拍・オオレン・センブリ・マタタビ  

自家製の野草酒 決して美味しいものではないです^^ 効能がたくさん説明書に書かれてたので頑張って飲みました。効いたような感じがします^^
e0022239_14569.jpg
先附 胡麻豆腐 本山葵 旨出汁
美味しい。薄味です。私は薄味好みなので嬉しい。次から運ばれてくる料理を期待させる品です。
e0022239_141555.jpg
吸物替り 春野菜沢煮仕立 (筍 山独活 芹 こごみ うるい 行者にんにく)
e0022239_143316.jpge0022239_144586.jpg













うん?どのようにしていただくのかと思えば、これがお吸い物で、春野菜をしゃぶしゃぶしながら頂くんです!びっくり。
山菜が新鮮で香りが高く美味しいこと!こんな風に頂くと、ダイレクトに味が楽しめます。そしてこの出汁が美味しいこと!薄味仕立てで丁寧に出しがとってあり、奥行きのある出汁なので素材を引き立てます。
e0022239_1321040.jpg
刺身
本鮪と鯛 茗荷竹 山葵 下に敷かれているのは山葵の葉です。
ぎょぎょ。美味しい~☆ 海側の宿ではなく、山の宿なのにこんなに美味しい鮪が頂けるなんて~ 料理長の目利きが凄いのだろうか?? この大きさ、切り方、この鮪を美味しく頂ける理由がそこにもあると思いました。
e0022239_15210.jpg
焼き物 山女魚(塩焼・唐揚)か桜鱒照焼 どちらか選べるので、桜鱒照焼を選びました。そし蕗の薹チーズ鋳込み
旦那様、昔から川魚はあまり好きではないのです。が、しかし、美味しい川魚に本日巡り合ったそうです!! それっくらい美味しかったのです。照焼きには、刻んだ山椒の若葉がふってあり、それで川魚臭さが消され山椒の香りが楽しめます。そしてまた驚いたのが、この蕗の薹。蕗の薹の天ぷらは珍しくはないのですが、蕗の薹にチーズ!!蕗の薹の苦味は抑えられ、食べやすいです。蕗の薹のほろ苦さとチーズって合うんですね!
e0022239_151496.jpg
温物 蓬蒸し 甘鯛 百合根 海老芋 べっこうあん 卸し生姜 これも美味也。
e0022239_152526.jpg
組肴 蕨山葵ネーズがけ 雲丹 木の芽 うすい豆薄葛煮
山葵ネーズって何ですか?と仲居さんに尋ねると、自家製マヨネーズに蕨を入れたものだそうです^^。 蕨をこのように頂くとは!なんて斬新な発想なんでしょう。

このうすい豆、グリンピースよりは色が薄く大粒で皮が薄いんです。グリーンピースと違ってどちらかというと、こちらは優しい味。とっても美味しい!のです。
が、このお料理が出てきた瞬間、旦那様はわ・わ・わ・わ~っとびっくり顔。なぜなら、嫌いな食材は?と聞かれるとグリーンピースといつも答えるのです。宿を予約する際に、お嫌いなものはありますか?と聞かれたのですが、うすい豆が出てくるなんて思ってなかったので特に伝えなかったんです(笑)
とっても美味しいから挑戦してみれば?と言ってもなかなか手をつけなかったのですが、最終的にはうすい豆を完食。美味しかったようです!良かった。
e0022239_16441.jpg
肉料理 増田牛ロースステーキ 見るからに美味しそう!
増田牛って???どこの牛ですか?とこちらもお尋ねすると、なんと地名ではなく、増田さんが
作っている群馬県産の黒毛和牛なんだそうです!あはっ^^、増田さんが作ってるのね。
e0022239_161263.jpg
肉好きな旦那様のコメント→美味い!!こんなにサシが入ってるのにサラっとしている。
e0022239_16223.jpg
止肴 鮑柔煮と根三つ葉の酢の物 独活 金紙生姜 

以前、分とく山 飯倉片町を訪れた際に、各テーブルをまわられていた野崎さんから直接お聞きした鮑の話を思い出しました。柔らかい鮑にするには、生きた鮑でないといけないことと、蒸す時間も決まっているとか。確か20分?それを超えてしまうと今度はかたくなってしまうとか。

それを思い出しました。ホント分とく山で頂いた鮑のように柔らかい!!そして酢の物はジュレになっているんです。これは都内の割烹料理屋でも見かけました。これだと、酢の物が苦手な方でも、酢を調整しながら食べますし、見た目も美しいです。
e0022239_163371.jpg
黒胡麻のアイス 夕食の献立のメニューには載ってないのですが途中で出てきました。
最初はアイス???何で留椀の前に??和食なのにデザートが2回出るのか?と大変驚きましたが、お口直しのようなものと考えればこれもアリか!と。 見た目は普通の黒胡麻アイスか~なんて思ってたのですが、食べたこれまた美味しくってびっくり。次はお米が出てくるのに甘いものを食べて大丈夫なのか?と心配しましたが、逆に口の中がさっぱりして、そしてまたアルコールの酔いもこれで吹っ飛びました。
e0022239_164444.jpg
留椀 ちぎりっこ
 な・な・なに??ちぎりっこ?? ほうとうのようなものがちぎって入ってます。野菜もたくさん入ってます。
群馬に伝わる「おっきりこみ」や「けんちん」から生まれた新郷土料理。旦那様、ほうとうやすいとんやうどんのような小麦粉を使った料理が大好物なんです。とーっても喜んでました。
ここの出汁はホント美味しいのでどの料理も美味しい☆
e0022239_165479.jpg
あきたこまちのお米 香の物 料理長は、東北の出身だそうです。それでお米はあきたこまち。
お米の粒が立っている状態とはまさにこのこと!お米の炊き方が素晴らしい!
e0022239_17355.jpg
食後 吟醸酒の酒粕ムース クラウンメロン 苺

参りました、この美味しさ。濃い味がお好きな方にはお薦めできませんが、薄味好みで若い方よりご年配の方にはお薦めです。聞けば料理長は、38歳!うちの旦那様、見事料理長の年齢を当てました。
食事をしながら、きっと料理長は若い方では?と。会席料理の基本は忠実に守りながらもその枠にとらわれることなく季節の素材を美味しく料理されてます。また美味しい会席料理は東京でも頂くことができますが、こちらは谷川というこの場所でしか頂けない山のもの、川魚、郷土料理、産地の肉とここまで来ないと味わえない醍醐味があります。

□ 読んでいただいてありがとうございます。本日10位→9位。
  ベスト10入り。久々です。クリックありがとうございました。
□ 今何位?クリックしてもらえると、とーっても励みになります☆
    ↓   ↓
人気blogランキングへ

別邸 仙寿庵 (旅館 / 水上)
★★★★ 4.5


by miwadorami | 2007-04-17 22:02 | 和食(147)
<< 別邸 仙寿庵 谷川温泉 その3 別邸 仙寿庵 谷川温泉 その1 >>




食べるのが大好き!特に甘いものが。食べる事もなんでもドスコイ!って感じです!
by miwadorami
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
news
ライフログ
検索
タグ
(137)
(83)
(76)
(60)
(60)
(44)
(43)
(26)
(25)
(22)
(20)
(18)
(18)
(17)
(17)
(16)
(15)
(15)
(15)
(15)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧